あなどれない回転寿司

  • お寿司の歴史について

    • 寿司といえば握りが一般的ですが、握りは比較的その歴史は新しいのです。



      もともとは現在のなれ鮨のようなものが原点です。


      米などの穀物を炊き上げた中に魚などつめて乳酸発酵させた発酵食品の一種で、東南アジアから中国、そして日本へと伝わってきたのです。


      ただ、乳酸発酵で作るなれ寿司は発酵熟成に数ヶ月以上かかるため次第に米が原型をとどめているうちに食べられるようになりました。



      早鮨と呼ばれるこれが押し寿司の原点である箱寿司につながり、握りに発展してくるのです。



      一瞬で出来てしまう握りは気の短い江戸っ子たちに愛されました。



      東京湾で取れた魚介類を使って江戸前寿司が誕生するのです。



      足の早いマグロはヅケにして食べるなど、魚の状態によって調理法も確立していきました。
      鮨や鮓という名で表されていたのが現在の漢字になったのも江戸前の握りスタイルを発明した華屋興兵衛が店を開いた頃といわれています。



      縁起を担ぐ江戸っ子に喜ばれるように、寿を司るという字が当てられるようになったのです。
      当時の宣伝のための漢字がそのまま現代まで残っているのです。



      足の早いマグロはその当時はあまり使われることはなかったのですが、冷蔵庫が発明されたり技術力アップで江戸時代には下魚と言われていたマグロはいまや最も人気のネタとなっています。



      時代時代でそのシステムや人気のネタは違ってきながらも、今も日本の人気料理として日本人だけでなく外国の人からも愛されているのです。

  • 関連リンク