タイムカードの種類と意義

subpage-img

タイムカードとは、労働する際に就業開始時間と就業終了時間、企業によっては休憩時間に入ったときや休憩時間を終えた時など、実際に労働した時間を記録するためのカードです。


時間制で給料を計算していない企業や、管理職などで残業代が出ない場合でも、勤怠管理をすることは非常に重要です。
現在は、過重労働のために健康状態を損なわない面からも、労働者全員の勤怠管理をすることが義務付けられているため、タイムカードを使用して勤怠管理をするということは基本中の基本となっています。

Yahoo!知恵袋情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

一般的なものは紙で出来たものが多く、最近ではICカード状のものも広く流通しています。

ICカード状のものは、そのままネットなどにも勤怠時間が繋がっており、そのまま給料計算などに利用することの出来るタイプのものもあり非常に便利です。ただしICカードは一枚作成するのにお金がかかり、さらにはネットの運営の手数料もかかってくるため、便利ではあるもののコスト的には決して安くありません。

従業員の多い企業などでは活躍するタイプですが、従業員の少ない企業などでは未だに紙のタイプが主流です。
タイムカードといっても様々な種類が存在しています。


まずは締め日ごとに種類が違います。

注目の勤怠システム情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

月末締め用、25日締め用、20日締め用、15日締め用、10日締め用、5日締め用など、企業の形態によって選ぶことが可能です。


またもちろん使用しているタイムレコーダーにもよって、使用できるタイムカードの種類は違ってきますので注意が必要です。



top